中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド成都観光スポット

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

成都観光スポット

成都の観光スポットについては、次の紹介をご覧ください。人気の観光スポットやカテゴリー別観光スポットで成都の魅力を存分にお届けいたします。

成都の人気スポット

もっと見る世界遺産

雅安碧峰峡パンダ基地

雅安碧峰峡パンダ基地

雅安碧峰峡パンダ基地は雅安市から北に18キロ離れる雅安碧峰峡の景勝地に位置し、成都から150キロ離れています。敷地面積が延べ72ヘクタールに達し、今70頭のパンダが飼育されています。2002年10月に工事を始め、2003年12月28日に完成した雅安碧峰峡パンダ基地は臥龍自然保護区管理局の管轄する「中國保護パンダ研究センター」に属しており、パンダ家族の安全な生育と繁殖へ向けて囲い飼いを行う基地であります。絶滅に瀕している国宝であるパンダを増やし、守るのを目標と掲げる基地はパンダ飼育繁殖、野外訓練、竹林、科学研究、生活や事務などのいくつかの区域に分かれ、20以上の実験室やパンダ小屋...

もっと見る自然景観

稲城

稲城

日本人なら誰でも知っていることだと思いますが、日本の東京都に「稲城市」がある。この地球上に「稲城」という同じ名前の町が中国にもある。どこにあるか皆様ご存知でしょうか? なんと中国「四川省のに甘孜蔵族自治州稲城県」にあるんである。同名の関係で「稲城県」と「稲城市」が姉妹都市。  稲城県は甘孜州の西南、雲南省等とも接している。面積は東京都の3倍強、典型的な大陸性高原気候に属している。県の中心地の海抜は富士山とほとんど同じの3740m、県内には高度4000mから6000mの山が全部で17もあるという険しい山と広大な草原の町である。人口は2.8万人いる。その内95%はチベット族である。町では農業が主...

もっと見る宗教・信仰・寺

古大聖慈寺

古大聖慈寺

古大聖慈寺は成都市東風路に位置し、敷地面積は1.7万㎡を誇り、「震旦一の叢林」「成都一の寺」と称されています。1981年に成都市の重要文化財に指定され、1983年には成都市博物館として開放されました。数多くの著名人によって造られた壁画でその名が広く知られ、古代四川省西部において指折りのお寺として脚光を浴びていました。言い伝えによると成都という土地は、内陸の海に浮かぶ一枚の陸地にあり、町の沈没や地盤移動、水害から成都を護るために、人々は海に繋がる「海眼」と「風水宝地(地相の良い場所)」に大聖慈寺を建造し、成都の安寧と繁栄を永久に保つことができると信じられてきました。これに基づき西暦700...

もっと見る記念碑・像

ホウ統祠

ホウ統祠

ホウ統祠は成都から約80キロ北方の德陽市の北のはずれの丘の上にひっそりとあり。 門を入ると座して話をしている2体の像が見える。右が孔明、左がホウ統。当時、このふたりのうち一人を得れば天下を得ることができると称された天才でした。劉備は二人を配下にすることにより大きく飛躍し三国の一角の地-蜀(しょく)を得した。この蜀を攻略する途中で惜しくも参謀ホウ統が矢に当たり戦死した。 ホウ統祠の奥が棲鳳殿、そこにホウ統の立像があり。清代に作られた上品な像である。さらに奥に、漢靖候ホウ士元之墓とあり。その裏手は800株ほどの古柏の並木が続き、これは成都から昭化古城まで続く古代の幹線道の金牛道の名残りである。

もっと見る博物館・美術館

三星堆博物館

三星堆博物館

三星堆博物館は中国の重要文化財である三星堆遺跡の北東部、歴史文化名城である広漢市を流れる鴨子河の畔に位置し、成都からは約40㎞離れています。1992年8月に定礎式を行ってから5年の歳月をかけ、1997年10月に完成しました。敷地総面積が延べ35ヘクタールに達する博物館は、それぞれ総面積4200㎡の第一号館と、総面積7000㎡の第二号館、総面積2600㎡の観光受付センターから構成されています。三星堆博物館は文物、建築、陳列、園林という四つの特色をテーマに展開され、四川省五大観光地の一つとして推奨され、国家4A 級の観光地及び一級博物館に指定されています。さらに国内外でも有名な文物観光地と...

もっと見る古鎮・古城

ロウ中

ロウ中

ロウ中は四川の東北部に位置し、紀元前314年に築かれた2300年の歴史を持つ小さい町である。ロウ中は雲南の麗江、山西の平遥、徽州の歙県と合わせ中国四大古鎮と称えられている。 ロウ中は張飛の町とも言われている。張飛が駐屯して7年もなる地で、また、彼が部下に殺された地でもあり。ここにも張飛廟がある。三国志ファンなら一度は行ってみたいところである。 ロウ中は大きく三方を嘉陵江(かりょうこう)に囲まれた地ですが、船着場から城内に入る入口に楼門が建てられており。ここが旧市街である。旧市街は完全に唐、宋、明、清の風格が残られている。60本の古城通り、1000箇所の北方デザインにて造られた四合院と収蔵さ...

もっと見る建造物

ホウ統祠

ホウ統祠

ホウ統祠は成都から約80キロ北方の德陽市の北のはずれの丘の上にひっそりとあり。 門を入ると座して話をしている2体の像が見える。右が孔明、左がホウ統。当時、このふたりのうち一人を得れば天下を得ることができると称された天才でした。劉備は二人を配下にすることにより大きく飛躍し三国の一角の地-蜀(しょく)を得した。この蜀を攻略する途中で惜しくも参謀ホウ統が矢に当たり戦死した。 ホウ統祠の奥が棲鳳殿、そこにホウ統の立像があり。清代に作られた上品な像である。さらに奥に、漢靖候ホウ士元之墓とあり。その裏手は800株ほどの古柏の並木が続き、これは成都から昭化古城まで続く古代の幹線道の金牛道の名残りである。

もっと見る橋梁、河川・滝・湖沼

都江堰

都江堰

都江堰(とこうえん)水利施設は四川省の省都・成都から50㎞離れた都江堰市にあります。紀元前256年、秦の蜀郡の太守・李氷が人々を組織して当時の技術力を最大限に活用し、幾度の難関を乗り越え8年がかりで完成させた総合的水利施設です。現在まで約2300年間にわたり防災・灌漑・水運の働きを擁する都江堰水利施設は「世界水利施設の元祖」として、中国の重要文化財、さらには世界文化遺産にも指定されています。これに基づき、関連のある遺跡を一括した都江堰周辺(青城山を含む)が国の重要な観光地になっています。 かつて揚子江の支流にあたる泯江中流の成都平野は、雨季になると泯江が氾濫し洪水が起こり、乾期...

もっと見る民俗郷土景観

寛窄巷子

寛窄巷子

上海の観光スポットといえばレンガ造りの古風な家並みが並ぶおしゃれな街「新天地」が有名で多くの人がそのレジャー感あふれるその地に赴きます。実は成都にも成都にも同じような雰囲気が漂う街が存在します。それが寛窄巷子(カンサクコウシ)です。寛窄巷子は成都の三大歴史文化保護地区の一つとして寛巷子、窄巷子、井巷子という平行に並んでいる三本の旧街道とこの街道の間に区切られた四合院群から構成されています。清の時代、1718年(康熙57年)にこの地方に派遣された八旗兵たちの駐留地として開かれたの城郭「少城」がこの街の始まりで、最盛期には2万の兵とその家族3~4万人が住んでいたといわれています。、やがてそ...

facebook twitter weibo