中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ニュース
観光都市:
旅行日数:
催行都市:
キーワード:

出発地:

到着地:

出発日

都市:
クラス:
値段(RMB): -
キーワード:

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

中国旅行ニュース

2012年04月28月江西 48キログラムの黄金で世界最高の阿弥陀仏像を造り

江西九江星子県温泉鎮隘口村にあり、仏教浄土宗発祥地の東林寺に投資された東林大仏は高さ48メートル、現在世界最高の銅製の露天阿弥陀仏像である。紹介によると、仏像は48キログラムの黄金で金めっきされ、仏像全体は金色に輝いている。


2012年04月28月新疆カナス百種類の野生の花が満開

4月、新疆北部にあるアルタイ山の積雪は融け始め、頂冰花が雪の水を注がれて、咲き始めた。頂冰花は氷と雪の中で開花することで有名で、アルタイ山での最も早く開花する花。これからの二ヶ月に、カナス風景区の草地では続々と10種類以上の花は満開する予想。


2012年04月27月安徽発日本行きの直行便が開通

安徽民航空港からの情報によると、安徽発日本行きの直行便は4月26日に就航した。今後この国際航路は週に二便にする予定。 安徽発日本行きの直行便は東方航空会社の飛行機で、毎週の木曜日と土曜日に就航する予定。予定番号はMU2005/2006、13:20に合肥駱崗から出発、16:00に大阪関西国際空港に着く。大阪発の場合は17:00に出発、19:35に合肥に着く。


2012年04月27月観光のシーズンを迎え、青島で「ビール祭延長版」

毎年の8月、中国国内と海外に知られている青島国際ビール祭が行われる。全世界の約百種類のビールブランドが集めて、大勢の観光客を引き寄せる。 4月28日から、青島市崂山区世記広場ではまもなく160日にわたる「ビールとシーフード祭」を開催し、観光客は世記広場で数十種類の青島のビールを味わうことができる。そこも青島市初めてのビールをテーマとする人気スポットとなる。 世記広場は青島国際会展中心西側にあり...


2012年04月27月重慶 エアバスA380を模倣するレストランはまもなく開業

航空券を買わず、フライトを乗らずに、飛行機の客室の中で食事することができる?それはまもなく重慶で実現できる。重慶江北区北浜路にある星悦ビルはまもなく「特等艙」という、新しい飛行機テーマレストランを開業する。


2012年04月26月重慶 雲陽龍缸国家地質公園は正式に開園

4月26日、重慶雲陽県にある龍缸国家地質公園は正式に開園し、観光客を迎えた。龍缸国家地質公園は重慶東側の褶曲帯と湖南、湖北、四川、貴州の四つ場所での隆起した褶曲帯との間に位置し、面積が約300平方キロメートル、落差が1400メートルに達する。公園内には龍缸カルスト天坑、石筍峡、龍窟峡、大安洞鐘乳洞、草場、トゥチャ族人文景観など観光スポットがある。


2012年04月26月西安咸陽国際空港ターミナルT3は5月3日に使用開始

西安咸陽国際空港からの情報によると、咸陽国際空港ターミナルT3は5月3日に正式に使用開始する予定。その時、部分の航空会社の搭乗入口は変更することになり、同時に21年間使用していたターミナルT1は使用停止となる。 紹介によると、ターミナルT3は使用開始すると、西安咸陽国際空港の総面積は45万平方メートルに達し、駐機場は123個になり、規模が中国全国第8になる。新しいターミナルが使用開始後、各航空会...


2012年04月26月中国初めての舞踏詩劇「大長安」は西安で初演

中国初めての舞踏詩劇「大長安」は西安で初演した。「大長安」は中華民族の歴史と伝説から当代までの発展を語り、初めての中華民族文明の発展歴史を中心とする舞台劇であり、初めて舞台劇の形式で大昔から当代までの発展を語る大型演目でもある。 「大長安」は中華服飾文化の発展を表現し、麻布、シルク、漢服、唐服など全部818種類の服装が利用される。出演時間は90分、7幕24部があり、中国全...


2012年04月25月移動式ピアノが揚州瘦西湖に現れ

4月24日、揚州市瘦西湖で移動式のピアノを操縦し、フランスからのピアノ「魔術師」は五亭橋に現れた。綺麗な瘦西湖五亭橋で移動ピアノを操縦するながら、美しいフランス式の楽曲を演奏し、多くの観光客を魅了した。


2012年04月25月湖北 熊家冢遺跡博物館はゴールデンウィークの三日間に無料開放

湖北省荊州市政府からの情報によると、中国いままで発掘された戦国時代の最も大きい規模で、構造が最も完備で、保存遺跡が最も豊富な楚国特大の貴族墓地遺跡博物館である熊家冢遺跡博物館は4月29日~5月1日に無料開放する予定という。その時、観光客は考古現場と車馬坑を見ることができる。 熊家冢遺跡博物館は荊州市荊州区川店鎮張場村にあり、楚国の古都紀南城から26kmに離れ、歴史文化名城荊州城から約40...


facebook twitter weibo