中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ニュース
観光都市:
旅行日数:
催行都市:
キーワード:

出発地:

到着地:

出発日

都市:
クラス:
値段(RMB): -
キーワード:

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

中国旅行ニュース

2012年04月17月浙江諸曁にある巨大なツツジが満開

近日、浙江省諸曁市東白湖生態旅遊区の東白山龍門頂にある巨大なツツジが満開する。ツツジは高さ約3メートル、樹冠の直径は約6メートル、10人以上が輪になってやっと抱くことができる。


2012年04月17月上海南外灘の一部は「ガラスの洪水防止壁」を使用始め、5月初め頃に開放

近日、上海南外灘浜水区百メートルの「ガラスの洪水防止壁」は建設の最後の段階に入り、5月初め頃に正式に対外開放する見込み。 紹介によると、「ガラスの洪水防止壁」は鉄筋コンクリートと透き通ったガラスから作られ、ガラスの厚さは18ミリメートルに達し、洪水防止の要求を満たす上、人々は岸辺で埠頭と両岸の景色を眺めることもできる。


2012年04月13月山西から日本への初のフライトが就航、日本大阪に到着

4月12日朝、山西150名の乗客を乗せている日本行きの直行チャーター機は出発し、3時間半後大阪に到着した。 山西初の日本航路は正式に開通した。紹介によると、初便の搭乗率は90%を超え、当フライトは東方航空山西子会社からのフライトで、4月12日から6日を周期として、太原から大阪へ、太原から静岡へのフライトを就航することになった。 太原から大阪へのフライトはMU7053/4、空中距離は2393キロ...


2012年04月12月世界最大の磁器製の瓶は江西で誕生、ギネスの世界记录認証

世界最大の磁器製の瓶は4月11日に世界遺産地の江西三清山で誕生。「三清聖境円融瓷瓶は368リットルの容積で、前の339.9リットルの記録を破り、世界最大の磁器製の瓶になりました」と、ギネス世界記録認証官が発表した。 三清聖境円融瓷瓶は高さ2.16メートル、最大外径周囲の長さ1.6メートル、重さ2トン。表面が「三清聖境図」を描いて、三清山の驚、険、奇、古の自然景観と人文景観を表現し、また中...


2012年04月12月ハローキティテーマレストランは北京に進入

4月11日、アジア初の正式に権限を授けられるハローキティテーマレストランは北京三里屯世茂デパートに進入。ハローキティテーマレストランの特製料理を味わいながら、ハローキティの雰囲気が溢れるピンクの世界を楽しむことができる。営業時間は毎日の11:00~21:00。


2012年04月11月新疆は天山南北を貫通する「豪華列車」を開通

4月10日、新疆ウルムチからアクス(阿克蘇)への新型の二段急行列車が開通した。当列車は公務、ビジネス、旅行など方面の旅客に向き、軟臥(一等寝台)と硬臥(二等寝台)と硬座を自由に選ぶことができる。当列車は二段列車で、車内はきちんとしていて、サービスも備えている。列車は軟臥車、硬臥車、硬座車と食堂車に分けられる。 当列車はウルムチ発、トルファン(吐魯番)、和静、焉耆、コルラ(庫爾勒)、ク...


2012年04月10月チベットのポタラ宮の綺麗な夜景

4月に入ると、チベットへの観光客が明らかに増加した。チベットのポタラ宮の綺麗な夜景は大勢の観光客を魅了する。


2012年04月09月北京故宮皇極殿は5月1日前に開放

故宮東路にある重要な宮殿の皇極殿は5月1日前に対外開放する予定。 計画によると、故宮の開放面積は今の45.79%から76%に上げられ、内部にある執務する場所は全部外に移して、故宮内は執務する場所を無くなりすることになる。 皇極殿は故宮珍宝館の正殿で、展示の調整をするため、皇極殿は閉鎖され、修繕することになっていた。5月1日前に、修繕を完了し対外開放を回復する予定。


2012年04月06月世界遺産地の荔波はまもなく「国際音楽祭」を開催

世界遺産地の貴州省荔波県はまもなく「中国・荔波カルスト渓谷国際音楽祭」を開催し、その時、観光客はカルスト渓谷の中で中国国内と海外の多くの芸能人とバンドの公演を楽しむことができる。 今回の音楽祭は「音楽を愛し、自然を愛し」というテーマとして、4月29日~5月5日に貴州荔波樟江風景区で行われる。荔波の四大少数民族のプイ族、スイ族、ミャオ族とヤオ族を中心とする独特な出演を楽しめるほか、当地の綺麗な景色...


2012年04月05月南京市民はパンダ姉妹と別れを惜しむ

4月5日、南京で約三年の時間を過ごしたパンダ姉妹の「朶朶」「翠翠」は出発し、四川実家に帰ることになった。 このパンダ姉妹は2009年5月1日に南京に引っ越して来て、今になってはもう大人になり、生育の歳に入った。これからは実家の四川で生育の準備をする予定。 南京紅山動物園のパンダ館はしばらく空いていることになるが、来月三匹の幼いパンダを引っ越して来られるよう、動物園が努力している...


facebook twitter weibo