中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国観光ガイド北海観光スポット

都市を選択

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

北海観光スポット

北海の観光スポットについては、次の紹介をご覧ください。人気の観光スポットやカテゴリー別観光スポットで北海の魅力を存分にお届けいたします。

もっと見る自然景観

北海銀灘

北海銀灘

北海銀灘は北海市東南部の海岸に位置し、西の僑港鎮漁港から東の大冠砂まで24㎞延々と続く砂浜です。総面積38?、そのうち陸地面積12?、勾配が小さいので砂浜の奥行きが30~3000mまで変化します。高品質の硅砂が敷かれ太陽の光に当たると白くてきめの細かい砂が反射して銀色に光り輝くことから、「銀灘」と言われるようになりました。地図で見ると、この場所がまるで口を開けている白虎に見えるので「白虎頭」とも言われています。 北海銀灘は「天下第一灘」と讃えられ、次のような特徴があります。 1.砂浜が長く平坦に広がっています。平均して約100mの幅で20㎞以上続いています。また、総面積は北戴河、青島、...

もっと見る宗教・信仰・寺

東山寺

東山寺

東山寺は北海市合浦県に位置し、北海市から28㎞ほど離れており、安南王李日尊の行宮(王が外出した際に使用する仮御所)で合浦県で最も古いお寺の一つとされています。かつて宋の時代の寶山禅師が創建したもので、もともとは霊覚寺という名で呼ばれていました。明の時代(1412年)に一度修復され、その後も清の時代に何度か修復されています。寺の中には4つの中庭があり、表門には進士の喩俊のものとされる「東山寺」と書かれた額が掛かっています。ほかにも天王殿や大雄宝殿や観音殿などがあり、大雄宝殿は宋時代の建築様式の風格を残しています。

もっと見る陵墓・陵園

合浦漢墓群

合浦漢墓群

国家重要文化財に指定されている合浦漢墓群は北海市合浦県廉州鎮に位置し、その広さは東西に約5km、南北に13kmと広大で、敷地面積は約69?に及びます。漢の時代の社会階層を中心とする漢墓が約7000個も存在し、そのうち400個あまりが発掘され、東漢時代の銅製の急須や古代ペルシャから輸入された瑠璃杯などの1万件以上の文物が出土しました。2008年に合浦漢墓群遺跡の上には漢墓博物館が建てられ、古漢墓や遺跡から出土した品々が保存展示されています。館内は青銅館、陶器館、海のシルクロード館という3つの展示室に分かれています。  歴史を紐解くと、かつて漢の時代の中原地帯やこの地域の商売人たちは磁器や布...

もっと見る公園・庭園、動植物園、アミューズメントパーク

北海海底世界

北海海底世界

北海海底世界は北海臨海公園にあり、海洋生物の展示を中心に音、光、電気を用いたハイテク技術や高い成育?養殖技術を備えた観賞?観光?青少年科学普及教育が一体となった総合海洋館で、総貯水量は5700tを超えています。館内はA区?B区の2つの区域に分かれています。A区はかつての北海水族館で山東省にある青島水族館と並び中国の最も大きい水族館です。現在は淡水魚の展示区域になっており、カブトガニ池や珊瑚、熱帯魚観賞区などがあります。B区は海洋生物区で中国南西地区で最も大きい海底観光地です。 ここには中国国内で最も高くて大きい円柱型水槽が設備されており、珊瑚礁や岩礁に生息する数十種類何千匹のチョウチョウ...

もっと見る建造物

文昌塔

文昌塔

文昌塔は北海市合浦県から南に約3㎞の場所に位置し、明の時代の万暦年号(1584年)に建てられたもので、300年以上の歴史を持っており1985年に5度目の修復を経て、現在の姿に至ります。 文昌塔は「文筆塔」「文峰塔」とも呼ばれており、もともと文人の神?文昌帝君に由来し、かつて科挙試験合格を祈願するために祭られていました。塔の形状は八角錐型で高さは約36m、7階建ての楼閣式の煉瓦造りです。1階から上層に行くと次第に狭くなり、頂上は赤い瓢箪の形をしています。 塔全体は白く四隅と門は赤で縁取られています。階ごと東西にそれぞれ装飾門がひとつずつあり、軒にも亀と龍の装飾があります。また一階の直...

もっと見る橋梁、河川・滝・湖沼

北海銀灘

北海銀灘

北海銀灘は北海市東南部の海岸に位置し、西の僑港鎮漁港から東の大冠砂まで24㎞延々と続く砂浜です。総面積38?、そのうち陸地面積12?、勾配が小さいので砂浜の奥行きが30~3000mまで変化します。高品質の硅砂が敷かれ太陽の光に当たると白くてきめの細かい砂が反射して銀色に光り輝くことから、「銀灘」と言われるようになりました。地図で見ると、この場所がまるで口を開けている白虎に見えるので「白虎頭」とも言われています。 北海銀灘は「天下第一灘」と讃えられ、次のような特徴があります。 1.砂浜が長く平坦に広がっています。平均して約100mの幅で20㎞以上続いています。また、総面積は北戴河、青島、...

もっと見る民俗郷土景観

北海老街

北海老街

北海老街は珠海路と路地にある街を指し、1883年から建造し始め、全長1.4㎞で、道幅は約9mです。道の両端には商いと住宅が融合した建物が並び、2階から歩道の真上にに突き出た建物は2000年前の古代ギリシヤ建築形式を導入したとされています。ほとんどの建物が2、3階建てで、上階は壁を刳り抜いたようなアーチ型の4本の柱に支えられています。また、外脇と主柱の先端に綺麗な彫刻が装飾されており、路地を中心に彫刻長廊が続いています。 かつて、1927年まで珠海路は北海の繁華街としてが多くの商店が立ち並び、栄えてきました。東側では乾燥海産物、中間では蘇州や杭州産の刺繍品、西側では漁民用品が中心に販売され...

facebook twitter weibo