中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ視察旅行
全体表示
21日のスケジュールは貴州省貴陽市綏陽県の銀絲空心面を見物することでした。気温が0℃―4℃で、小雨の天気でしたが、私の思うほど寒くありませんでした。メンバーは8人いました。それぞれは日本からいらっしゃった坂本先生のご夫妻、南京からきた私より5年上の大学の先輩の湯さん、海南島から来た大学時代の組長の陳さん、貴陽地元の彭さんと桂林から来た私たち3人でした。朝の8:00泊まった柏頓酒店(ホテル)を出発しまして、175キロの高速道路を走って、遵義市を通りました。遵義市は昔「夜郎国」と言われ、マオタイ酒で... [詳細へ]
訪問者(1278)
コメント(0)
20日からまた旅に出ました。今度の旅は坂本先生が発起した「もういいかい(会)」に参加するのです。20日に貴州省の貴陽市に集合し、翌日の21日から遵義市の近くの綏陽県を見物してから、22日に重慶直轄市に移動して、25日まで万盛区などの所を見物する予定です。坂本先生はKIT・CHINA(近畿中国旅行社)の元社長で、中国観光界の名人で、たくさんの中国人の友たちがいます。中国の麺類に興味を持っているので、引退後、中国麺類文化研究所を成立し、所長を担当しています。現在まで、中国麺類の本を二冊ご出版なさ... [詳細へ]
訪問者(1570)
コメント(2)
2012年05月08日    視察旅行
織金県の東北部23キロ離れた「官寨郷」にある「織金洞」は中国では一番きれいな鍾乳洞です。朝8時半私たちは織金県のホテルから出発して、30十分かかって、「織金洞」に着きました。ガイドさんの説明によると、120キロ離れた省都の貴陽市からバスで行くなら、4時間もかかるそうです。「織金洞」はすっと昔から地元の少数民族の人に発見されましたが、洞内にだれも入ったことはありませんでした。1980年4月、織金県政府で組織した観光資源考察隊によって「織金洞」は発見され、始めて探検されました。五年間ぐらい開発され、... [詳細へ]
訪問者(1436)
コメント(1)
杜鵑(しゃくなげ)は中国の十大名花の一つであり、貴州省の省の花でもあります。貴州「百里杜鵑」景勝地は大方県と、黔西県の境目にあり、貴陽市に約150キロ離れ、バスで三時間半ぐらいかかります。貴州「百里杜鵑」景勝地は総面積が125平方キロあり、中国で一番広い原生杜鵑林です。毎年の3~5月には長さ50キロ、幅1~5キロの細長い丘陵山地で赤、白、黄、紫四色の石楠花が咲き誇り、花の海洋になり、「地球のカラーリボン」と呼ばれています。4月23日に開いた貴州省第七回旅遊産業発展大会の会場は「百里杜鵑」景勝地に... [詳細へ]
訪問者(1603)
コメント(1)
2012年05月02日    視察旅行
この間、貴州省の畢節市で開いた貴州省第七回旅遊産業発展大会を参加しました。近年貴州省では年に一度旅遊産業発展大会を開きました。毎年開く地域はそれぞれ違います。今年は畢節市の主催で開催しました。 畢節市は貴州省の西北部にあり、雲南省と四川省に隣接する所です。省都の貴陽市から150キロぐらい離れています。総面積は2.7万平方キロメートルで、総人口は800万人ぐらいいます。畢節市は大方県、黔西県、織今県など七つの県を所轄いています。漢民族のほか、イー族、ミオ族、回族、ベー族、ブイ族など30余りの少数... [詳細へ]
訪問者(1584)
コメント(1)