中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ中国文化
全体表示
2020年01月15日    中国文化
現在、日本でも中国と同様、十二支暦法を採用している。十二支が「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類で年・月・方角・時間を表す。中の「亥」は、両国の言語で意味に違いがあることを除けば、すべて同じだ。中国語の「亥」は豚を指し、日本語の「亥」はイノシシを指している。なぜそうなったのか、十二支の概念は古代中国の思想に由来し、日本の十二支暦法は中国から伝わった。中国の十二支は三千七百年前の商殷時代に起源し、その頃の豚はイノシシを指していた。その後、イノシシが家畜化... [詳細へ]
訪問者(1)
コメント(0)
2020年01月07日    中国文化
「金があってもなくても、家に帰って年越し」、これは中国の春節期間中に流行する言葉である。「家」とは、一人の中国人に対してとても魅力的な単語であり、春節期間中に帰省するために、地球上で最大規模の人類移動を作り出して「春運」と呼ばれている。 「春運」は地球上最大規模の周期的な人類の大移動と言われている。40日ほどの間に30億人余りが移動し、世界人口の約7分の1を占め、全中国人々が2回の大移動に相当する。中国の春運は世界記録協会として最大の周期性輸送ピーク... [詳細へ]
訪問者(3)
コメント(0)
2019年12月25日    中国文化
現在は12月後半で、北半球は間もなく冬の最も寒い時期に入り、人々も休暇を迎える。しかし、このような寒い時期に、大勢の人が旅行に出かけるつもりである。中国は広く、多くの地域に分けられる。地域によって人々は旅行先を選別する。たとえば北方、西北、西南地方の人は現地が寒いから、寒くない南方地方に行き、避寒する。中国東部の臨海都市も同じで、これらの地区は絶対気温は低くないが、海の湿度も高く、統一暖房も配置されていないため、人々は実際に体感温度がとても寒く、南方地方へ避寒することを選... [詳細へ]
訪問者(5)
コメント(0)
2019年12月12日    中国文化
金色は光り輝く色で、更に大自然の中で堂々とした純色で、そして光明、華麗な視覚効果を生み出す。中国人が金色に夢中になるのは、金という貴金属、一般的な同等物の光沢が好きだからであるほか、審美傾向の面で農耕文化の影響を強く受けたことも反映している。例えば、秋に収獲した食糧は金色なので、金色は豊作の象徴である。中国の古い五行学説では、中央は土に属し、その属性色は黄色で、中国は農業国なので、土地に対する崇拝は深い。または金色は繁栄と影響力を表し、階層とランクを示している。例えば古... [詳細へ]
訪問者(7)
コメント(0)
2019年11月26日    中国文化
近年、コーヒーなどを飲みながら猫と遊ぶことができる喫茶店が全国各地で広がっている。ペット愛好家の心をつかんだことで、これらの場所は既に若者の週末リラックス、レジャーの新しい場所になっている。 猫カフェとは、猫と遊ぶことをテーマにした喫茶店のこと。ここではコーヒーを飲むことが第二目的で、猫と一緒に遊ぶのはストレスや孤独が解消されできる。こんな喫茶店は、猫カフェは日本で最初に由来し、多くの国で流行し始め、近年では中国一部の都市でも猫をテーマにした喫茶店が作られている... [詳細へ]
訪問者(10)
コメント(0)
facebook twitter weibo