中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ニュース
観光都市:
旅行日数:
催行都市:
キーワード:

出発地:

到着地:

出発日

都市:
クラス:
値段(RMB): -
キーワード:

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

中国旅行ニュース

2011年07月27月内モンゴル自治区第二十二回旅行ナダム大会開催

内モンゴル自治区第二十二回旅行ナダムは7月25日から31日にかけて格根塔拉草原で主催されている。観光客はここでは気ままに散策したり、競馬、競駱駝やモンゴル相撲などの競技を楽しめる。ナダムはモンゴル語の「娯楽、会合」の意味で、1990年第一回旅行ナダム行われたから、毎年の旅行ナダムは内モンゴル旅行の重要な活動のひとつ、たくさんの外国観光客をアーピルする。


2011年07月25月香港から成都への直行便が開通予定

8月1日から、香港から成都への直行便が開通される予定で、毎日一便就航。夜の21時15分に香港から離陸し、23時35分に成都に着く、飛行時間は2時間20分である。


2011年07月22月チンギスハン陵は正式に5A級観光地になる

近頃主催されている第七回チンギスハン旅行文化周からのニュースによるとチンギスハン陵は正式に国家5A級観光地になる。チンギスハン陵は内モングルオルドス市内に位置し、世界で影響力がある帝王陵園、1982年には全国重点文物保護単位と列している。毎年旧暦の三月二十一日、五月十五日、八月十二日と十月三日には、盛大な活動を主催され、大勢の観光客がここに来て祭祀する。それに、2006年「チンギスハン祭り」は国家...


2011年07月21月来月、合肥から張家界への直行便が開通

夏の旅行ピークに備えるため、中国南方航空は8月2日より、合肥―張家界往復便が開通される予定。航空便の番号はCZ6158で、毎週の火曜日に飛ぶ。7:45pmに合肥から離陸して、10:55pmに張家界に着く。復路は、9:45pmに張家界から離陸して、合肥までは11:05pm。 今、中国南方航空IPアドレスで予約すれば630元の超低価の切符を買うことができる。


2011年07月20月「2011年泰山MAO国際音楽祭」、9月に開催

「2011年泰山MAO国際音楽祭」は9月10日から11日にわたり、山東省泰安市体育センターで開催されている。 今回の音楽会は初めてのアジア最大の音楽祭として、音楽会の期間に、中国著名な音楽機構―「MAO LIVE HOUSE」から選ばれた8組のバンド、または中国国内の著名なミュージシャンの老狼、謝天笑と一緒に演じる。それに、日本のくるり(QURULI)、雅(MIYAVI)またアメリカのパンクバン...


2011年07月19月中国森林旅行節7月末重慶で開幕

2011年中国森林旅行節は7月28日から30日まで、重慶市仙女山公園で主催すると予定。その頃、仙女山国家森林公園は百万人の市民が森林に入り、風船での森林の旅、コンサート、重慶建設の成就展などのシリーズ主題活動が行われる。市民たちは自転車で新しい造った山地自転車歩道に沿って、森林を遊びまわすことができる。 仙女山国家公園の敷地面積は5070平方キロメートル、平均海抜は1850メートル。夏は涼しく...


2011年07月18月西安の鐘楼、鼓楼の入場金が35元に値上げ

最近、西安市鐘鼓楼博物館は鐘楼、鼓楼の入場金が27元/楼/人から35元/楼/人に値上げることを申請している所。西安の鐘楼は明代の十七年に建てられ、中国に残った沢山の鐘楼の中に形や創りの最大、無傷で保存される建物。鼓楼は鐘楼と向かい合って、明代の十三年に建てられ、現存した最大の鼓楼。


2011年07月15月香港ディズニーの入場料は来月から10%値上げ

香港星島日報によると、香港ディズニーの入場料が来月8月1日から10%値上げされると伝えている。大人が350香港ドルから399香港ドルへ値上げ、子供は250香港ドルから285香港ドルに値上げとなる。シニア(60歳以上)料金は現行の170ドルから100ドルに値下げされると予定である。ただし、値上げ開始後2~3カ月の間に香港永久居民と旅行者が旅行代理店を通して入場券を購入した場合は旧料金で入場できる。


2011年07月14月北京城内には蓮の花の香りが漂い

7月に入ると、北京北海公園、蓮花池公園等の蓮だけではなく北京郊外の多くの所にある蓮も咲き乱れている。 紅い花見の旅―白洋澱。北京と162km離れた白洋澱は、「華北の明珠」といわれ、中国革命勝地で今は旅行勝地となっている。毎年七月中旬、蓮の花の時期に入ると、白洋澱にはピンク、白い二つの種類の蓮の花が咲き、香りが遠くまで漂う。 涼しい花見の旅―承徳。承徳は北京から約180km離れた所に位置...


2011年07月13月上海万博中国館、再開放

外観の「東方の冠」の素晴しさ、多くの人々に見てもらうため、休館中の中国館が7月12日から三ヵ月間再開放することになっている。開館時間(朝9時~午後5時) 来場者は「東方の足跡」「探し求める旅」「低炭素社会に向けた行動」という3つの展覧ルームを見学することができる。


facebook twitter weibo