中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ニュース
観光都市:
旅行日数:
催行都市:
キーワード:

出発地:

到着地:

出発日

都市:
クラス:
値段(RMB): -
キーワード:

お問い合わせ
24時間以内に返信いたします。

  • お名前:
  • E-mail:

お問合せ先

E-mail:service@chinatrip.jp
TEL:86-773-5808092
FAX:86-773-5817771

お得な中国旅行は
ふれあい中国におまかせ!

中国旅行ニュース

2011年11月29月西安で春運に向けての鉄道整備

陇海鉄路幹線「蘭州(甘粛省の省都)-連雲港鉄道幹線)」は中国の東西を貫く大動脈的働きを成す鉄道で、中国では最も忙しい鉄道幹線のひとつである。毎年の春運(※)になると、おびただしい数の人が陇海鉄路幹線を利用する。  西安鉄道局は春運に備え、春運期間に安全で完備された質の高い列車運行設備を提供するために、11月7日より陇海線の集中整備を開始した。11月28日午後に300名余りの作業員...


2011年11月28月作家・巴金の故居がまもなく公開

大文豪巴金誕生107年の記念日にあたり、上海武康路に位置する巴金の故居が現在整備されており、12月1日に公開されることを上海市政府が発表した。 巴金はこの屋敷で半世紀ほど暮らし、名作「随想録」もここで書きあげられた。故居は巴金が生前時のままに保存されているという。


2011年11月25月三亜は暖かい春の陽気 中国北方から多くの観光者

  多くの観光者が三亜南山景区を観光している。最近、中国北方では気温が大幅下がり、一部地域では雪も降りだした。しかし、三亜は現在でも暖かい春の陽気で、多くの人々が三亜の魅力に引き寄せられ、寒さを避けこの地を訪れる。


2011年11月24月三亜は11月から冬の観光シーズンに突入

海南省三亜市は毎年12月中旬から冬の観光のピークとなるが、今年は例年より予定を1カ月ほど繰り上げた。今年11月、三亜への観光客数は去年より40%増加し、それに伴い2012年春節の三亜観光ツアーもすでに公開されている。 また、シーズン時のホテルの値上がりについても三亜市政府がホテルのルーム料金に干渉政策が行ったことで、来年の春節は例年のような10%以上の値上がりは実施されないだろうと予想さ...


2011年11月23月中国初代国家主席・毛沢東が乗った飛行機を一般開放

11月21日に北京首都空港輔路にある民航博物館がオープンした。総投資1.3億元(およそ16億円)の規模を誇り、中国民航業の各時代を反映する運送機のモデルと収蔵品が多くある。その中に中国初代国家主席・毛沢東が乗ったことがあるILー14、ハンブ航路で飛んだことがあるC-46 など中国民航業の歴史を代表する飛行機が展示されている。館内はハンブ飛行、八・一開航、ラサ試験飛行な...


2011年11月22月陕西長安華厳寺の千年古塔は地滑りの脅威

陕西西安市長安区に位置する華厳寺内の二座の古塔は、地滑りという巨大な脅威に瀕している。古塔は2006年に第六回全国重点文物保護単位に指定された。 ところが、2011年5、6月と9月の数度の大雨によって、華厳寺の周囲に地滑りが起こった。古塔の根元はすでに露出し、地割れも発生し、寺内の建築も壊れている。最近の雨の影響で新たな災害が起こる可能性が懸念されている。


2011年11月21月第28回ハルビン國際氷雪祭り

 第28回ハルビン国際氷雪祭りは2012年1月5日に美しい「氷の城」と呼ばれるハルビンで開催する予定である。今回の氷雪祭りは「激情悦動、大美氷城」をテーマとしており、開幕式の後、氷雪芸術イベント、氷雪文化イベント、氷雪体育競技、氷雪経済貿易商談、氷雪観光イベントの5つのパートに分かれ、大きく展開する。


2011年11月18月敦煌博物館がプレオープン

敦煌の南郊にある敦煌博物館新館が先日からをプレオープンした。正式オープン時期は未定。 開館時間は9時から17時までで、毎週月曜日は休館する。有効な証明書(身分証明書、パスポート、警官証など)提出すると、無料見学も可能である。入館時、カメラや飲料、バッグの持ち込みは禁止となっており、入口は安全検査の施設があり、荷物を預かり所に預ける必要がある。 見学時間は約1~2時間ほどで、観光ピーク期のグルー...


2011年11月17月六百年以上の歴史ある西安鐘楼が補修開始、12月末に再開予定

11月16日、建築工人が西安鐘楼の周りに足場を組んでいた。古都西安のランドマークとして、西安鐘楼は11月15日から定例補修を行って、12月31日に再開する予定である。今度の補修は、主に屋根と瓦の様子を検査したり、隠れた危険を取り除いたりすることを目指す。補修期間、観光客に一時開放を中止することになる。


2011年11月17月アジア最大の室内植物園

天津熱帯植物観光園はエデンの園のように美しく、アジア最大の室内植物園となっている。総投資2.6億元(およそ31億円)、総面積4万平方メートルの規模を誇り、鉄鋼構造透明ドームの植物温室の中に、観賞、レジャー、ショッピング、科学教育などの機能が一体化している。中国初採用の最新省エネエコ暖房システムが使用されている。2004年には国家4Aクラスの観光エリアに指定された。


facebook twitter weibo