中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
全体表示
2013年05月23日    中国文化
 天気予報によると桂林は今日からいきなり気温が34度になるでしょうということです。確かに34度になると桂林の町は湿度が高い関係でしょうか。あたかも自然サンナーに包まれたようになります。風がほとんど流れずに蒸し暑さが募るばかりです。これほどの蒸し暑さにもかかわらず真夏の桂林は逆に観光の忙しい季節を迎え、各公園に行ってみると皆暑そうに見える観光客で賑わいます。  桂林という町は一つ不思議なことに山があれば必ずと言っていいほど鍾乳洞があると言われます。それに景観が珍しい鍾乳洞も多いわけです。今まで見... [詳細へ]
訪問者(959)
コメント(0)
2013年05月23日    中国観光ガイド
筆者がこの間、桂林新聞を見て虞山公園の中に珍しいカポック(木綿とも言います)の木に花が満開したということがわかり、昨日虞山公園に出かけることにしました。しかし残念なことに行ってみたら殆ど花が萎んで落ちました。思わず「花が我を待たず」という古い言葉が思い出され、空しい思いがしました。少しがっかりした気持ちですが、ふと側に「象牙紅」という真っ赤な花が満開しているのが見えて慰めてくれました。よく見れば「象牙紅」は桂林の炎天下の暑さを介せずしょげる気配もなく元気に咲いています。報道によると「象牙紅」(龍... [詳細へ]
訪問者(1075)
コメント(0)
筆者が今日町に出てみたら、信号機のある交差点で「中国式の歩道渡り」に「ノウー」という看板が立てられたのは初めて見えました。その内容を詳しく見ると「通行人は赤信号機を無視して歩道を渡ると罰金10元で、非機動車(大体自転車や電気自転車のことを指す)は赤信号機を無視すると罰金50元である」という意味がわかりました。正直に言わせていただきますと心から大歓迎のことです。 確かに「中国式の歩道渡り」(信号機を無視して渡ること)についての話題はとうの昔からいろいろと議論されてきましたが、賛否両論に終わっ... [詳細へ]
訪問者(1123)
コメント(1)
2013年05月15日    桂林の生活
桂林は五月に入ってから雨がよく降り、離江の川が洪水による氾濫までに至りました。雨季で雨が降らないからといって空がほとんどどんより曇ったりして太陽がめったに見えないぐらいでした。この間の洪水で郊外の野菜畑が被害に見舞われた関係で桂林市内の各自由市場の野菜は価格が値上がりして物によって倍ぐらいに上がった物もありました。幸いなことにこの3、4日以来の天候がよくなり、太陽が久しぶりに顔が現れました。そのお陰で我が家の屋上の「野菜畑」(正直に言うと鉢植えみたいな場所に何本かの胡瓜やカボチャなどが植え... [詳細へ]
訪問者(1158)
コメント(0)
2013年05月01日    桂林の生活
冷たい空気と西南からの温かい空気のと衝突により、4月29日から桂林周辺は断続的な大雨が降り始めました。せっかく29日からの三日間の休みなのに、市民がおそらく皆、自宅に閉じ込められて外には出られない状態でしょう。会社の近くにある桂林会展中心で29日から開催された「房車節」(マンションと車の展覧販売会)は雨の影響で訪れた人があまり多くなかったということです。特に30日の朝3時ごろから2時間にわたる集中豪雨に見舞われたので、ただでさえ水が溢れた離江は更に水位が上がり、警戒水位とされる146Mまで、わず... [詳細へ]
訪問者(1251)
コメント(1)