中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
全体表示
今日は九一八事変(満州事変)82周年の記念日です。  1931年9月18日に瀋陽)郊外の柳条湖で、日本の関東軍が南満州鉄道の線路を爆破した事件に端を発し、瀋陽を占領しました。九一八事変は日本関東軍部のでっち上げの自作自演の軍事衝突事件です。それから五ヵ月後、関東軍は満州(現在の中国東北部)全土を占領しました。九一八事変によって、日本と中国の間の矛盾がますます激しくなってきて、中国と日本との民族矛盾も悪化されました。日本の国内では主戦を主張する軍部の地位が上げる一方、国会と内閣大臣の権力が弱くな... [詳細へ]
訪問者(1388)
コメント(0)
白露の節気が過ぎてから、桂林では晴れた天気が続き、だんだん秋めいてきました。木犀の花が人々に秋の来るのを告げるように咲き誇って、公園や学校や住宅地など到る所に木犀の香りが漂っています。木犀のことは中国語で「桂花樹」と言い、「桂林」は「桂花樹の林」、つまり木犀の林という意です。桂林の木犀の木は主に金木犀、銀木犀と丹木犀の三種類です。金木犀が一番多く、その次は銀木犀で、丹木犀は一番珍しいものです。  桂花(木犀の花)は桂林の市の花で、周りの県の木犀の木を入れて全部で百万本あると思います。桂林... [詳細へ]
訪問者(1616)
コメント(4)
2013年09月14日    中国観光ガイド
8月31日、筆者が友達の同伴で久しぶりに離江下りの観光船に乗りました。数えてみるとほぼ9月ぶりの川下りになり、懐かしい気持ちでした。その日は天気も良くてさほど暑くもなく空に薄くて白い雲が流れていました。観光にまさしく理想的天候だと言えました。離江の水は清いうえ両側の青山も倒影に映り、限りない山水の世界を演出していました。正直に言うと筆者がいくらこの離江の景色を見ても飽きることはないのです、むしろ疲れた心を慰めてくれるというか、ダイナミックな感動をしないではいられませんでした。この間の台風による... [詳細へ]
訪問者(1152)
コメント(0)
真夏の高温に続いている今、強い日差しを浴びるより、クーラーが付いている室内に居たいと思う人は多いでしょう。しかし桂林には鍾乳洞があります。暑い日には鍾乳洞の涼しさに救われます。綺麗な漓江も人々に人々に清涼を与えます。桂林は本当に自然に恵まれます。 桂林では幾つの鍾乳洞があります。例えば、桂林市内にある国賓洞と呼ばれる蘆笛岩、陽朔にある「去了銀子岩,一世不缺钱」(銀子岩に行ったら、一生お金に欠かせない)という噂をされている銀子岩などなど。今回筆者は冠岩と古東森林瀑布この二つ景勝地へ遊びに行き... [詳細へ]
訪問者(1297)
コメント(0)
2013年08月14日    桂林の生活
今年の夏と言えば、「猛暑」という言葉でもちきりではないですか。温暖化によるとされる世界的な暑さが今年の夏のライトモチーフのように感じられます。日本だけではなく中国も7月から広い範囲にわたる猛暑が続いています。中国の東部となると、たとえば、上海や杭州などの都会では、気温が7月から8月にかけてほぼ35度~40度の間に止まっており、観測史上に稀にない猛暑だと言われます。田舎に行くと旱魃に見舞われたりする不作のニュースが流れています。桂林も最近35度から37度まで上がる日々が続き、岩山に生えた植物や木... [詳細へ]
訪問者(1157)
コメント(0)
facebook twitter weibo