中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
全体表示
2013年05月01日    桂林の生活
冷たい空気と西南からの温かい空気のと衝突により、4月29日から桂林周辺は断続的な大雨が降り始めました。せっかく29日からの三日間の休みなのに、市民がおそらく皆、自宅に閉じ込められて外には出られない状態でしょう。会社の近くにある桂林会展中心で29日から開催された「房車節」(マンションと車の展覧販売会)は雨の影響で訪れた人があまり多くなかったということです。特に30日の朝3時ごろから2時間にわたる集中豪雨に見舞われたので、ただでさえ水が溢れた離江は更に水位が上がり、警戒水位とされる146Mまで、わず... [詳細へ]
訪問者(1278)
コメント(1)
桂林の古蓮文化街は七星区にある半塘路に位置しています。「古蓮」というのは中国の宋代に活躍した理学の創始者としてよく知られた周敦頤の名作――「愛蓮説」に因み、名付けられたと言います。「蓮」という発音が「清廉」の「廉」と同じなので、町のテーマ巡りの命名に相応しいと考えられます。筆者も去年、「蓮」について書いたブログの中で蓮を自分の全てを人民に尽くし、清廉潔白な素晴らしい「役人像」と喩えたことがありました。 2010年10月から工事を始めた古蓮文化街は二年がかりで七星区政府などを始めとする専門学者や... [詳細へ]
訪問者(943)
コメント(0)
2013年04月15日    中国文化
中国の自動車協会の統計によると2012年の中国の新車の販売台数が1900万台を突破し、三年連続して世界のトップの座に就いているということです。1983年にドイツのフォールクスワーゲンが上海で合弁による初めての「SANTANA」と言うマークーの乗用車を造った時から、どれだけ中国人のマイカーの夢を掻き立てたのでしょうか。当時の自転車でさえ、ろくに買えない中国人にとって「SANTANA」のような乗用車は高嶺の花のような存在でした。ところが30年の発展による中国が世界の自動車の消費大国に躍り出たことに誰... [詳細へ]
訪問者(972)
コメント(0)
2013年04月05日    桂林の生活
4月4日は中国人の重要な伝統祭り―清明節です。中国語の「清明」は清らかとか明るいなどの意があります。中国人は昔から清明節の間に墓参りの風習があります。一年の中にみんなは同じ時間に墓参りするので、交通渋滞になるほど人が込み合ってしまいました。人々が墓参りの便宜を図るように中国では4日から6日までは休日になっています。  近年、不動産のの開発が盛んにしているので、中国の耕地の面積はますます減っていく一方です。それによって、墓地の値段も上がる一方です。北京と上海では一平米はもう10万元ぐらいかかるそ... [詳細へ]
訪問者(1171)
コメント(0)
2013年3月26日午前10時から11時にかけて、北京の国務院の新聞弁公室で「桂林国際旅遊勝地建設」に関する発表会を開きました。発表会に集まった国内外の主要メディアを前に、桂林を世界的観光地に建設する「発展綱要」は一時間ほどで全世界に詳しく発布しました。いうまでもなく、この重大決定は桂林市の発展にとっておそらく有史以来の朗報であり、画期的な意義を持つと思います。筆者が一人の桂林市民としても無上の喜びと自慢を感じると言っていいです。  桂林はご承知のように中国における有名な観光地であるとして、... [詳細へ]
訪問者(1364)
コメント(0)
facebook twitter weibo