中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
<<  < 2017  7月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
全体表示
2013年03月15日    中国文化
 筆者がかねてから桂林の南渓山公園にある「聖照桜園」について一言でも書きたいと考えていました。しかし毎回でも都合が悪くて開花にあわせて行ったことがないので、ついに書くことが出来ませんでした。この間、都合がよくて、そしてちょうど「桜園」が出来て20周年を迎えた関係もありますから、見に行くことにしました。  この「聖照桜園」は敷地面積が30ムー(1ムーは666平方メートルになる)に及び、1993年に桂林の名誉市民の称号と授けられた日本の聖道教団の祖師である岩崎照皇先生が70万元を出資して造った桜の... [詳細へ]
訪問者(1220)
コメント(0)
最近、桂林では暖かい天気が続いたので、我が家の藤の花が待っていられなく、例年より一か月ぐらい早く咲き始まりました。黒、白黒と金色の熊蜂が藤の花の間を忙しく飛び回って、花粉を採っていました。それを見て、急いでいてカメラと梯子を持って屋上に上がって藤の花と熊蜂写真を撮りました。いたずらで言うことを聞かずに、なかなか気にいる写真が撮れなかったです。熊蜂が普通のミツバチよりだいぶ大きいので始めは刺されるのではないかと気になっていしましたが、全然心配は要りませんでした。たとえレンズを向かれても平気で、無我... [詳細へ]
訪問者(1298)
コメント(0)
 昔、貧しい時代に生まれた人は、記憶にまだ新しいかも知れません。その時代の恋愛や結婚を支えたのはただ二人の「純粋な愛情」によるものだったと考えられたのでしょう。だからカップルは政府から「結婚証」をもらったら既に合法的夫婦関係が確立され、ごく簡単な結婚式を挙げて済むことが支配的でした。あるいは二人分の調度用品を一緒にして同居すればよいとされました。みんなこれに文句を持つどころか無上の幸福や満足感を覚えました。筆者の身辺にもこのような形で結婚したカップルが結構います。ところが、時代が変わり、昔より金... [詳細へ]
訪問者(1541)
コメント(0)
2013年03月04日    桂林の生活
桂林では最近寒くなったり、暖かくなったりして、三寒四温の天気でした。今日は朝っぱら太陽が出てきました。朝寝坊をよくする私が喜んで早く起きて、朝日の写真を撮りました。今日またいいお天気になると思います。 三月に入って、桂林では至る所に春めいています。山や野原や田んぼななどいたるところに新緑が満ち溢れています。薺、蓬、ごぎょう、チャンチンなどの山菜が自由市場に出荷されています。  先日、友人の韓さんと近郊の穿山郷の下関村へ山菜を採りに行きました。車で五分で着いた近所の所でした。そこに不動産会社に... [詳細へ]
訪問者(1515)
コメント(1)
昨日は中国の伝統の祭り元宵節でした。中国の民間には元宵節の日に花火を上げたり湯元(元宵団子)を食べたり、灯籠を鑑賞したりするなどの風習があります。映画がある前に走馬灯を見るのは当時の中国人が楽しいことでした。最後の名残でしょうか、それとも爆竹が大バーゲンするか、昨夜の爆竹を鳴らしたり、花火を打ち上げたりしてすごく賑やかでした。 中国では元宵節が過ぎると、春節も終わるわけです。中国の農民工(田舎から出稼ぎの労働者)はそろそろ都会に出て仕事を探さなければならなくなりました。中国の大中小学校も今日か... [詳細へ]
訪問者(1381)
コメント(0)
facebook twitter weibo