中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
<<  < 2017  12月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
全体表示
新年あけまして、おめでとうございます。 去年中、筆者の拙文をご愛読くださいまして心から感謝の気持ちを表したいと存じております。皆様のご貴重な時間をお割きになり、拙文をお読みいただきまして少しずつお役に立つものであれば筆者にとってこの上もない喜びとなります。今年も皆様のご期待に応えられるように、更に頑張っていきたいと覚悟しています。どうか今年もよろしくお願いいたます。   2013年2月10日は、中国の伝統的お正月の一日に当たり、桂林市でもお正月祝いのムードを盛り上げようとして市の訾洲公園でチ... [詳細へ]
訪問者(1084)
コメント(0)
2013年02月04日    その他
今日は立春の節気です。あと五日で中国人にとって一番大事な伝統の祭りの春節になります。最近、桂林では暖かくて、最高気温は25℃まで上がりました。人々は冬の厚着を脱いで、軽い春の服を着替えました。春を告げる迎春花と紅梅の花が既に咲きました。桃と海棠も蕾が膨らんでいます。春は人人が知らないうちに静かに桂林に近づいてきました。旧正月の間に咲く沈丁花と水仙などの花は一週間も早く咲いて、香りを漂わせています。今年自然の春が早く訪れるのを楽しみにしている同時に社会進歩の春もなるべく早く来るように待ち望んでいま... [詳細へ]
訪問者(1554)
コメント(1)
2013年01月31日    中国文化
誰もかも恐らく家のドアの鍵などを忘れたり落としたりして困ったなという時があったのでしょう。この時、頭に思わず浮かんで来られるのが多分、町のどこかの「鍵の大王」ではないですか。世間では普通どんな鍵でも開けられる意味から、「鍵の大王」と名付けられたらしいです。この名称に相応しい優れた技術が問われ、しっかりと身に着けておくべきです。本気にこの技術を勉強したいなら、覚えられないことはないです。(ネット上でも学費を払えばいろいろと教えてくれるサイトがある。本当かどうかは不明である)。  ところが、「虎... [詳細へ]
訪問者(1081)
コメント(0)
今週の20日~22日の二日間に私たち桂林天元旅行社の一同は象州県と金秀県へ行って忘年会を開きました。象州と金秀は広西の中部の「大瑶山」にあり、それぞれはチワン族とイオ族の集まる少数民族の町です。町はのどかで、レジャーと観光リゾートにいい所です。十数年前に金秀県へ一度行ったことがありますが、象州県は初めてです。今度の旅はスケジュールがソフトだし、天気にも恵まれるし、本当によかったです。  20日の午前9:00に桂林市の「南城百貨」のすぐ傍にある旅行社に集合して、象州県に出発しました。象州県は桂林... [詳細へ]
訪問者(1519)
コメント(0)
23日は豊都県の「鬼城」と忠県の「石宝寨」を見物しました。 豊都県は長江の上流にある背山臨水ののどかな町で、長江が県内を流れ通っている距離は47キロあります。2000余年ぐらい前の西周の時期に「巴国」の都だったので豊都県は歴史には「巴子別都」とも言われました。 中国の民間伝説によると人間が死んだ後必ず「陰曹地府」(冥府)へ報告に行かなければならないそうです。「陰曹地府」(冥府)は「陰陽界」、「鬼門関」、「閻王殿」と「十八層地獄」からなり、世の中の訴訟、裁判所、刑務所などの司法システムをまねし... [詳細へ]
訪問者(2368)
コメント(0)
facebook twitter weibo