中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
全体表示
2013年01月04日    桂林の生活
天気予報によると、今日は小雨で、最低気温が1℃、最高気温が4℃だそうです。今朝、屋上に上がると、寒い風に吹かれて、すごく寒くて、厳しい冬の寒さが感じました。木の枝にはたくさんの水の滴が凍っていました。綺麗に見えるので、カメラを取って、それを撮りました。数分間だけで、寒くて、耳が痛くて、指も痺れてしまいました。写真を撮って、急いで家の中に戻りました。室内の温度は8℃でした。寒いので、私は家の中にいても、靴を履いたり、帽子を被ったりする状態でした。 中国では冬には北方は暖房の施設があるので、外は寒... [詳細へ]
訪問者(1409)
コメント(1)
2012年12月28日は、桂林の観光歴史を刷新する記念すべき日となりました。この日は、ようやく船で漓江の畔にある有名な象鼻山から桃花江を上り、もう一つの観光ハイライトである蘆笛岩に行けるようになりました。                漓江は中國でも世界でも名高い川であり、両岸の雄大な奇岩奇峰が果てしなく連なり、綺麗な漓江の水にも映り、山紫水明の景色を織りなしています。83キロにわたる山水画のような世界が多くの観光客の心を捉えて離しません。この観光客の魂を震撼させるほどのギャラリーに数多くの観... [詳細へ]
訪問者(972)
コメント(0)
21日のスケジュールは貴州省貴陽市綏陽県の銀絲空心面を見物することでした。気温が0℃―4℃で、小雨の天気でしたが、私の思うほど寒くありませんでした。メンバーは8人いました。それぞれは日本からいらっしゃった坂本先生のご夫妻、南京からきた私より5年上の大学の先輩の湯さん、海南島から来た大学時代の組長の陳さん、貴陽地元の彭さんと桂林から来た私たち3人でした。朝の8:00泊まった柏頓酒店(ホテル)を出発しまして、175キロの高速道路を走って、遵義市を通りました。遵義市は昔「夜郎国」と言われ、マオタイ酒で... [詳細へ]
訪問者(1274)
コメント(0)
20日からまた旅に出ました。今度の旅は坂本先生が発起した「もういいかい(会)」に参加するのです。20日に貴州省の貴陽市に集合し、翌日の21日から遵義市の近くの綏陽県を見物してから、22日に重慶直轄市に移動して、25日まで万盛区などの所を見物する予定です。坂本先生はKIT・CHINA(近畿中国旅行社)の元社長で、中国観光界の名人で、たくさんの中国人の友たちがいます。中国の麺類に興味を持っているので、引退後、中国麺類文化研究所を成立し、所長を担当しています。現在まで、中国麺類の本を二冊ご出版なさ... [詳細へ]
訪問者(1564)
コメント(2)
2012年12月19日    中国観光ガイド
6℃~9℃ 曇り あと二日で、中国の伝統祭りの冬至です。桂林では冬至から秋と別れて、本格的に寒くなります。それで、私は今朝カメラを持って、住まいの近くの輔星路、七星路をぶらぶらして、今年の秋の最後の名残の写真を撮りました。 町には歩く人は少なかったです。寒いので、人々はもう温かい服を着ていました。まず輔星路へ行きました。寒い風に吹かれて、銀杏の並木は落葉して、木の枝が禿げていて、寂しそうに見えました。しかし、黄色い枯れ葉が緑の海桐の木の上に無造作に落ちて、綺麗でした。それから、七星路に移動し... [詳細へ]
訪問者(1314)
コメント(1)