中国旅行専門店/中国旅行の専門サイト 会社概況 | お問い合わせ | よくあるご質問 | お客様の声
ホーム中国旅行ブログ
全体表示
2013年01月09日    中国文化
今回は世界的な注目を集める中国の住宅事情についてお話ししたいと思います。 人間は誰でも仮住まいよりマイホームが好まれます。「狭いだが我が家」という言葉もあります。ところが30年ほど前の中国ではとても「マイホーム」を持つことが出来なかったのです。 その時の中国では、会社の社員が一般的に勤める会社の所属の社宅に無料で居住することになっていました。いざ会社を辞めるならその社宅をほかの社員に明け渡さないといけませんでした。90年代前半、国の住宅改革に伴いそれまでその社宅に居住した会社員が割に安い価... [詳細へ]
訪問者(1457)
コメント(0)
12月22日、重慶の見物が始まりました。午前は万盛石林、午後は武隆天坑(自然になった巨大な穴)の見物しました。 08:30、ホテルを出発して、万盛石林に向かいました。万盛石林は万盛区から23キロ離れた南天郷にあります。10年前から開発されて、まだそんなに有名になりません。今まで私は雲南省の路南石林と桂林近くの文市石林を見物したことがありますが、万盛石林の観光は初めてです。楽しみにしていました。09:18石林鎮を通って、登山道を登り始まりました。走れば走るほど道は険しくなり、霧も濃くなる一方でし... [詳細へ]
訪問者(1292)
コメント(0)
2013年01月04日    桂林の生活
天気予報によると、今日は小雨で、最低気温が1℃、最高気温が4℃だそうです。今朝、屋上に上がると、寒い風に吹かれて、すごく寒くて、厳しい冬の寒さが感じました。木の枝にはたくさんの水の滴が凍っていました。綺麗に見えるので、カメラを取って、それを撮りました。数分間だけで、寒くて、耳が痛くて、指も痺れてしまいました。写真を撮って、急いで家の中に戻りました。室内の温度は8℃でした。寒いので、私は家の中にいても、靴を履いたり、帽子を被ったりする状態でした。 中国では冬には北方は暖房の施設があるので、外は寒... [詳細へ]
訪問者(1455)
コメント(1)
2012年12月28日は、桂林の観光歴史を刷新する記念すべき日となりました。この日は、ようやく船で漓江の畔にある有名な象鼻山から桃花江を上り、もう一つの観光ハイライトである蘆笛岩に行けるようになりました。                漓江は中國でも世界でも名高い川であり、両岸の雄大な奇岩奇峰が果てしなく連なり、綺麗な漓江の水にも映り、山紫水明の景色を織りなしています。83キロにわたる山水画のような世界が多くの観光客の心を捉えて離しません。この観光客の魂を震撼させるほどのギャラリーに数多くの観... [詳細へ]
訪問者(1006)
コメント(0)
21日のスケジュールは貴州省貴陽市綏陽県の銀絲空心面を見物することでした。気温が0℃―4℃で、小雨の天気でしたが、私の思うほど寒くありませんでした。メンバーは8人いました。それぞれは日本からいらっしゃった坂本先生のご夫妻、南京からきた私より5年上の大学の先輩の湯さん、海南島から来た大学時代の組長の陳さん、貴陽地元の彭さんと桂林から来た私たち3人でした。朝の8:00泊まった柏頓酒店(ホテル)を出発しまして、175キロの高速道路を走って、遵義市を通りました。遵義市は昔「夜郎国」と言われ、マオタイ酒で... [詳細へ]
訪問者(1336)
コメント(0)
facebook twitter weibo